恋愛の悩み相談

恋愛の悩みを解決するために恋愛マニュアルを読んでみる。
出会いがないから出会いを増やす
会話が続かないから会話テクニックを学ぶ
<< 事実婚における財産分与 | TOP | 事実婚と年金 >>
事実婚と同棲の違い
事実婚をしている人達を、実際に知っているという方はどの程度いるのでしょうか。
一般的に夫婦関係が成立している事が事実婚の認定には不可欠なため、事情を知る間柄でなければ気付かないかもしれません。
明確に事実婚か法律婚かどうかを見分ける場所があるかというと、実は分かりやすい場所があります。
事実婚の場合には法律婚とは異なり男女で別姓なので、ここから見分けるのが一番簡単でしょう。
ただ、これは次の問題に繋がるため万能ではありません。
ずばり、事実婚と同棲との区別は何によってすれば良いのでしょうか。
結婚という事実があっても法律的に認められている訳ではなく、苗字が異なるとなると同棲に見られても不思議はありません。
ここで、事実婚と同棲の違いを調べてみましょう。

事実婚と同棲との違いは結構簡単に用意できるもので、難しく考えなくても良いでしょう。
まずは当事者達が事実婚だと認めている事が重要で、ここが破綻すると同棲に格下げしてしまいます。
格下げというのは比喩的な表現ではなく、実際に得られる権利が同棲よりも事実婚の方が多いのです。
もちろん事実婚よりも法律婚の方が得られる権利は多いのですが、その話はまた別の機会にしましょう。
基本的に当事者達が事実婚であると認識していれば良いものの、それだけでは万が一の際に困ることがあります。
例えば不貞行為が発覚した際、これは同棲には認められない権利ですが事実婚なら相手へ損害賠償請求が可能になります。
しかし、その時に相手が事実婚を否定して単なる同棲だと主張すると問題発生です。
同棲には貞操義務が存在しないため、白を切るには絶好の逃げ道です。
事実婚で重要になってくるのが周囲の印象で、如何に夫婦らしかったかを印象付けておく必要があります。

事実婚だから子供は諦める、というのは心情的には分かりますが少々早計です。
確かに事実婚で生まれた子供は非嫡出子となり、更に片方の姓しか名乗れない等の問題こそありますが生活が不可能という事はありません。
ただ、感じるメリットはそれほど大きくなくデメリットのほうが目立つというのが事実婚における育児の印象ではないでしょうか。
税金の問題もあり、事実婚での子供はしっかりした知識と覚悟と理解が必要になってきます。
もちろん、子供にとって良い環境を作れるかどうかも大切ですね。
ブログやサイトを利用して、事実婚関係の情報を収集してみると良いでしょう。
周囲からの夫婦同然もしくは夫婦だと思っていたという証言が得られれば、同棲だからという逃げ道は消えて事実婚が証明されます。
恋愛その他 | 17:30 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
スポンサーサイト
- | 17:30 | author スポンサードリンク | - | - -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://renaiblog.jugem.jp/trackback/2526
トラックバック