恋愛の悩み相談

恋愛の悩みを解決するために恋愛マニュアルを読んでみる。
出会いがないから出会いを増やす
会話が続かないから会話テクニックを学ぶ
<< 事実婚と浮気 | TOP | 事実婚における財産分与 >>
事実婚つまりフランス婚
事実婚というと何だか遠い世界の話に聞こえるかもしれませんが、実際にはそう珍しい話ではありません。
ただ表立って主張される事がないだけで、案外身近なところに事実婚は存在するかもしれませんよ。
事実婚と言っているように結婚の事実だけは存在するので、外から見て気付かないのは寧ろ自然と言えるでしょう。
或いは、事実婚という名称を用いていないために気付かないケースがあるかもしれません。
例えば内縁の妻や夫という表現は、まさに事実婚である事を明らかにしています。
他にもフランス婚という呼ばれ方をする事があるので、事実婚という言葉にばかり囚われてはいけません。
ところで、事実婚と同棲は一見すると同じに見えますが性質の異なるものなのでしょうか。
事実婚の男女それぞれが別姓を名乗っていても問題にはならず、これは互いに仕事を持っている環境において大きなメリットとなるでしょう。

事実婚を日本国内でフランス婚と呼ぶ事はあまりないかもしれませんが、かつて世間を騒がせた言葉として記憶に残っている方も多いかと思われます。
別に何の意味もなくフランス婚なんて呼び方をした訳ではなく、事実婚とフランスの関係に由来しています。
元々事実婚の歴史はフランスの方が遥かに古く、ルーツ的な解釈も可能なのでフランス婚と呼んでいるのかもしれません。
さて、本場フランスでは気軽にフランス婚がされているのですが日本で事実婚をするとなると様々な制約が付き纏います。
まず注意しなければならないのが同棲との違いで、これは事実婚を成立させている本人達及び周囲がそう思っていなければなりません。
ただ一緒に住んでいる、というだけでは事実婚として認められないのです。
そして恐らく最も大きいであろう制約は、子供関係でしょう。
事実婚の場合には否応なしに非嫡出子となり必要に応じて男性側に認知をしてもらう必要があります。

事実婚はデメリットばかりが際立つという訳ではなく、場合によってはメリットの方が優位に働く事もあります。
事実婚は基本的に相手へ依存しない関係となるので、やりたい事のある方にとっては理想的かもしれません。
もちろん子供の件や相続財産に関するゴタゴタは、どうしても事実婚だと抱えてしまいます。
ライフスタイルによっては事実婚が優位となる事もあるので、既成概念にばかり囚われず色々な可能性を探ってみては如何でしょうか。
ただ、これをデメリットとするかどうかは際どいところですが事実婚の場合社会的信用を得にくいという話があります。
ただ気楽そうだからという理由だけで事実婚を決めてしまうのではなく、様々なケースを想定する必要があります。
ブログやサイトから、事実婚について詳しくチェックしてみると良いでしょう。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
スポンサーサイト
- | 17:20 | author スポンサードリンク | - | - -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://renaiblog.jugem.jp/trackback/2524
トラックバック