恋愛の悩み相談

恋愛の悩みを解決するために恋愛マニュアルを読んでみる。
出会いがないから出会いを増やす
会話が続かないから会話テクニックを学ぶ
<< 結婚体験談で成功する子育て | TOP | 大人パーティーとは >>
結婚体験談による国際結婚の真実
結婚体験談で国際結婚に興味を持っている人もいると思います。
今、国際結婚をしている夫婦というのは、それほど珍しくなく、結婚体験談についても国際色豊かでしょう。
我が家の子どもが通っている学校では、一クラスに一組ぐらいは国際結婚をしている夫婦がいます。
ですからPTAの集まりなどは、とても国際色豊かで、とても面白い結婚体験談を聞くことができます。
学校のPTA役員というのは誰でもなりたくないもので、「赤ちゃんがいるのでできません」「仕事が忙しいので今年は無理です」といった理由を、お母様方はつけまくります。
そんな中、外国人のお母さんが「私は日本語が片言しか話せないので、役員はできません」と理由をつけて、壮絶な結婚体験談を述べ始めました。
しかし、そのお母さん、日本語ぺらぺら。
「今、目の前でぺらぺらと日本語を喋ってるジャン」と突っ込みを入れたくなるぐらいに饒舌で、しかも、結婚体験談も面白いのです。
ただ、この理由で何年間もPTA役員を逃れているとか。
私はお腹を抱えて笑ってしまい、眼に涙を貯めながら、その方の結婚体験談を聞きました。
明るく元気にたくましく、日本で生き抜いている外国人妻の結婚体験談です。
結婚体験談で国際結婚の身近な話としては、私の親族に、国際結婚をしている夫婦がいます。
妻はとある南米の国の人なのですが、結婚式を挙げずに、いきなり、ある日、日本へやってきました。
このときの結婚体験談によると、なんでも空港の税関で止められたのだとか。
結婚して日本で生活することが前提ですから、その妻の所持金は少なめで、「日本で不法労働するのではないか」との理由から、税関で止められてしまったというのです。
いつまでたっても税関から出てこない妻を不安に思った夫が税関で聞き、妻を迎えにいったという結婚体験談を聞きました。
税関で止められたという人を、私は始めてみましたね。
今では面白い結婚体験談として受け止めることができますが、あのとき、そのまま強制送還されていたら大変だったと思います。
結婚体験談で国際結婚の情報も、インターネット上にはたくさん掲載されていると思います。
確かに、偽装結婚をして労働している外国人も多いとは思います。
しかし、現実には、戸惑いながらもPTAに参加している外国人妻、税関に止められた思い出のある外国人妻も、夫婦仲良く元気に日本で結婚生活を送っているのです。
結婚体験談には、様々なものがあると思います。
楽しい・悲しいなど、結婚したカップルの数だけ結婚体験談は存在するのです。
ぜひ、インターネットなどでたくさんの結婚体験談を見て、今後の伴侶選びの参考にして欲しいと思います。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
スポンサーサイト
- | 17:20 | author スポンサードリンク | - | - -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://renaiblog.jugem.jp/trackback/2337
トラックバック