恋愛の悩み相談

恋愛の悩みを解決するために恋愛マニュアルを読んでみる。
出会いがないから出会いを増やす
会話が続かないから会話テクニックを学ぶ
<< 別居の理由 | TOP | 恋愛テクニックとは >>
家庭内別居とは
家庭内別居というのは、あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが比較的身近な存在かもしれません。
家庭内離婚とも言われる事のある家庭内別居は、家という枠組みの中にいながら互いに異なるベクトルを向いている状態です。
本来ならば共にするような行動を敢えて別々にするというのがポイントで、一緒に住んでいる事実しか存在しないのが家庭内別居です。
一緒に同じ家に住んでいるだけで婚姻関係は既に破綻しており、家庭内別居になると離婚も秒読みではないでしょうか。
ただ、明確に定義付ける条件が存在する訳ではないため家庭によっては客観的に成立していると判断されるにもかかわらず家庭内別居とは意識していないかもしれません。
一番大きなポイントは、家庭内別居は文字通り家庭内で別居状態が作られるところにあります。
ブログやサイトから、家庭内別居について詳しくチェックすることが出来ます。

家庭内別居の場合には、従来の別居とは違い婚姻関係の修復も状況によらず可能性を見出せるのではないでしょうか。
もちろん別居と言っている以上は積極的なコミュニケーションを取る事はなく、食事の時間や寝室も別になるのが一般的な家庭内別居です。
また、可能な限り顔を合わせないようにするのもポイントです。
従来の別居は、どうしても生活費が余計にかかってしまうなどデメリットが多かったのですが家庭内別居は基本的に今まで通りの環境で行われます。
実際に、離婚を考えていても経済的な理由から躊躇する事は珍しくありません。
しかし別居をするとなると危惧している経済的な理由に直面する事になり、結果として家庭内別居を選択するのです。
それでも物理的な距離感は近いため、家庭内別居を経て元の関係に戻るという可能性があります。

家庭内別居は、実際に別居や離婚を想定していなくても行われる事があります。
元々、全ての夫婦が仲睦まじいという事はないでしょう。
最後まで性格が合わず顔を突き合わせていると息が詰まる、という場合に家庭内別居は効果を発揮します。
このケースでは、離婚までの事態は想定していないため家庭内別居という距離感が絶妙になります。
傍目には円滑に回っている風に見えて、内側の接点は限りなくゼロに近くなるのが家庭内別居です。
体裁を気にして家庭内別居にとどめる、という事もあるかもしれませんね。
ただ、上手に家庭内別居を成立させるためには生活時間帯の調整などを最初に決めておく必要があるでしょう。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
スポンサーサイト
- | 17:20 | author スポンサードリンク | - | - -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://renaiblog.jugem.jp/trackback/2227
トラックバック