恋愛の悩み相談

恋愛の悩みを解決するために恋愛マニュアルを読んでみる。
出会いがないから出会いを増やす
会話が続かないから会話テクニックを学ぶ
<< 扶養家族と別居 | TOP | 家庭内別居とは >>
別居の理由
別居は離婚の一歩手前だと、言い換える事が出来るかもしれませんね。
実際に、最初はその気がなかったとしても別居を続けていると婚姻関係の破綻と解釈され離婚へと繋がる事があります。
なので、特に理由もなく別居しているというのは何か後ろ暗いものを疑う余地があります。
基本的に夫婦は一緒に生活している事を要求され、この約束が破棄された状態を別居と言います。
ただし例外があり、特別な理由が存在してやむを得ず別々に暮らしている状態は別居と呼びません。
単身赴任が分かり易い例で、たとえこれを何年続けたとしても別居から離婚に繋がる婚姻関係の破綻とは解釈されないのです。
ただ、長期にわたる単身赴任は別居とは違った意味で離婚の可能性が存在するかもしれません。

別居をしていても、法律的に二人は夫婦のままです。
正式に離婚するまで変わることはなく、生活も同様です。
別居しているんだから妻に生活費を渡す必要はないだろう、なんて理屈は通用しません。
扶養の義務というものにより、夫が主に稼いでいる場合は別居中だろうと妻の生活費を用意する義務があるのです。
と言っても全ての別居において義務が生じる訳ではなく、これは別居の理由と深く関係してくる話です。
たとえば妻が浮気をして別居するとなった場合には、稼いでいる夫は生活費を用意する義務がないのです。
ただ子供の養育費に関しては別で、どんな理由があろうと別居しても用意しなければなりません。
今までの生活費がキッチリ二分割されるような事はないため、ほとんどの別居において経済的負担は今まで以上のものとなるでしょう。
新たに家賃を必要とすれば、より家計を圧迫することになります。
そこまでして別居するかどうかで、踏み止まる夫婦もありそうです。

別居も悪い事ばかりではなく、一度冷静になる期間と考えれば有用です。
しかし、自分は冷静になっても相手が興奮状態のままでは意味がありません。
別居を一つの区切りとして婚姻関係の修復を狙っているなら、何らかの行動を起こす必要があるでしょう。
特に不貞行為から夫婦仲が冷え込んで別居となった場合には、放っておくと相手は戻ってこなくなる可能性が高いです。
実際に離婚をすると考えていても、無駄に別居期間が長くなるのは避けたいです。
それこそ、余計な出費と言えるのではないでしょうか。
別居には色々なケースがあって婚姻関係を修復する事もあるので、詳しくブログやサイトから情報収集してみることをお勧めします。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
スポンサーサイト
- | 17:20 | author スポンサードリンク | - | - -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://renaiblog.jugem.jp/trackback/2226
トラックバック