恋愛の悩み相談

恋愛の悩みを解決するために恋愛マニュアルを読んでみる。
出会いがないから出会いを増やす
会話が続かないから会話テクニックを学ぶ
<< 藤田徳人氏が説く恋愛科学 | TOP | 夫婦喧嘩とは >>
恋愛科学でのkiss
恋愛科学って一体どのようなものなのか、ちょっと気になりませんか。
恋愛を科学的に分析することが恋愛科学だと思うのですが、それにしても、どのように科学的に分析するんでしょう。
学問として心理学や人間行動学なんてものもあるんだから、恋愛科学があってもおかしくはないと思うのですが、それにしても不思議なネーミングです。
恋愛に関しては、恋愛科学というよりは、恋愛心理学のほうがなんとなくピッタリくるような気がするのは私だけでしょうか。
ブログやサイトなどで恋愛科学に関して色々と調べてみたのですが、正直、あまり理解できませんでした。
随分と前に深夜番組のコーナーにも恋愛科学というのがあったようですが、残念ながら私は見たことがありませんでした。
日本では、藤田徳人氏の作った恋愛科学研究所というのがあり、脳内ホルモンと人間の行動の関係を分析しています。

恋愛科学は、日本だけでなくアメリカでも研究されていて、結婚相手紹介サービスにも利用されています。
アメリカの恋愛科学の第一人者ヘレン・フィッシャー氏によると脳内の特定の物質が恋愛には大きく影響しているのだそうです。
この脳内の特定の物質がドーパミン、セロトミン、テストステロン、エストロゲンで、日本の恋愛科学の脳内ホルモンがこれになるようですね。
ちなみに恋愛科学によれば、好きな人とkissをすると脳内のエストロゲンというホルモンがたくさん分泌されるのだとか。
エストロゲンは分泌量が増えるとお肌のツヤがでるそうで、恋人ができて綺麗になる女の子はこのエストロゲンがいっぱい増えているんでしょうね。
また、恋愛科学によるとセロトニンはkissなどで愛されていることを実感すると増えるホルモンで、感情のバランスを調整してくれるそうです。
恋愛科学で見ると、もし、kissする相手がいない場合でも、映画などのkissシーンなどでドキドキしたり、誰かとのkissを想像するだけでも同じ効果が得られるそうですよ。

恋愛科学というのは、kissなどで起こる脳内ホルモンの動きを研究したり、分析したりしているものなのですね。
確かに人を好きになったり、kissをする時にドキドキしたりする感情って不思議なものではありますよね。
ただ、それを恋愛科学などで脳内ホルモンの動きが活発だから、なんて言われてしまうと少し味気ない気がしてしまいます。
実際には、科学や医学が発達している現在、科学的、医学的に証明できないことも減ってきているのでしょうけど・・・。
そのうち、人間の行動すべてが恋愛科学やその他の科学で説明されるとなんだか誰かと付き合う楽しみが減ってしまう気がします。
それでも、恋愛科学などでkissやその他の行為によって起こる脳内の状態の分析というのは面白いのかもしれませんね。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
スポンサーサイト
- | 17:20 | author スポンサードリンク | - | - -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://renaiblog.jugem.jp/trackback/2137
トラックバック