恋愛の悩み相談

恋愛の悩みを解決するために恋愛マニュアルを読んでみる。
出会いがないから出会いを増やす
会話が続かないから会話テクニックを学ぶ
幼なじみの異性
幼なじみというと、男同士、女同士というのも十分にあり得ることなのですが。
みなさん、幼なじみというとどうしても、異性を思い浮かべたりはしないでしょうか。
それも、単に異性というだけでなく、幼なじみとの恋愛を想像したりはしないですか。
これはどうしてかというと、理由は簡単なことで、幼なじみとの恋愛を描いたフィクションが多いということです。
異性の幼なじみとの恋愛で代表となるのは、やっぱり「タッチ」ではないですかね。
ほかにも、「冬のソナタ」も異性の幼なじみ同士の恋愛にいい男が現れて三角関係になる話です。
なんと「機動戦士ガンダム」でも主人公に異性の幼なじみが登場して、世話を焼いてくれます。
ただ、ガンダムではその異性の幼なじみを、最終的に他の男に取られてしまいますが。
まあ、ガンダムは恋愛作品じゃないし、それに主人公も幼なじみを放って大人の女性に惚れたりしていますが。

幼なじみで異性というのは、総じて、フィクションの世界では魅力的とされる設定です。
おそらく、フィクションを楽しむ側は、異性の幼なじみとの恋愛というのが好きなのでしょうね。
そして作り手にとっても、異性の幼なじみとの恋愛は作りやすいパターンなのでしょう。
双方の利害が一致すれば幼なじみとの恋愛というのは作られ続けることになります。
こうして、今日もどこかで異性の幼なじみとの恋愛物語が作られていることでしょう。
そして、今日もいろいろなところで、異性の幼なじみとの恋愛話を楽しんでいる人が多くいることでしょう。
さらに言うならば、こうして異性の幼なじみとの恋愛話はスタンダードとなっていったのです。
おかげでわれわれも異性の幼なじみとの恋愛が普通だと思うようになってきているのですね。

幼なじみですが、異性ではない場合、どんな話になったりするのでしょうかねえ。
一つ考えられるのは、異性でなくても幼なじみと恋愛してしまうということです。
アブノーマルなのかもしれませんが、異性でない幼なじみと恋愛するという話は、現実に結構あるようですよ。
また、異性でない幼なじみは、ある意味兄弟と同じですから、いろいろと比較されて育ってきたかもしれません。
異性なら恋愛になるけど、同性の幼なじみはライバルだったり、確執を生んだりするかもしれません。
そんなこんなですが、やっぱり一般には異性の幼なじみが好まれることでしょうね。
幼なじみとの恋愛 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
幼なじみとの修羅場
幼なじみという存在に対して、われわれは何か、妄想を抱いてはいないでしょうか。
おそらく、幼なじみとの恋愛が描かれたフィクションを見慣れているからでしょうがね。
つまり、幼なじみはどんなときでもそばにいて、自分を支えてくれる存在であると。
さらには、幼なじみは、自分がほかの女の子を追いかけていても、ずっと自分を待ってくれていると。
無償の愛を与えてくれるのが、幼なじみの存在する理由でもあるのだと、思っていませんか。
だいだい、幼なじみには同性もいる以上、恋愛関係が当たり前ということはないでしょうに。
それに、もし幼なじみと恋愛関係になったとしても、現実には修羅場というものがあり得ます。
幼なじみとは、美しい恋愛ばかりじゃなく、修羅場というのも存在するかもしれませんよ。

幼なじみとの、恋愛関係のもつれによる修羅場なんて、どれほどフィクションの作り手の妄想をかきたてるか。
いや、実際にも幼なじみとの恋愛関係がもつれて修羅場になることはあるでしょうね。
しかし、フィクションでは幼なじみとの修羅場なんて、いかにも絵になる場面ではありませんか。
ずっと一緒に育ってきた幼なじみが、思春期を迎え、ただのお友達じゃいられなくなる。
そして、幼なじみが他に好きな人がいると知って、ショックを受け、修羅場となる。
なかなかいいですねえ、幼なじみの修羅場を使って、ドラマが作れそうな気分になってきましたよ。
こう考えてみると、幼なじみという設定が恋愛もののフィクションに使われる理由がわかってきます。
修羅場を迎える幼なじみ同士の恋なんて、なんというか、甘酸っぱくもせつないですし。

幼なじみとの修羅場なんて、現実にはいったいどれだけの人が経験するのでしょうか。
わたしは幼なじみ以前に、修羅場というものすら経験したことがないのですがね。
しかし修羅場とは、恋愛関係のもつれだけとは限らず、激しく戦うのも修羅場と呼ばれますよね。
たとえば、幼なじみ同士が会社で奮闘し、仕事上の危機を乗り越えるのも修羅場でしょう。
または、戦争に参加した幼なじみ同士が過酷な戦場で生き抜くというのも、修羅場です。
この場合、幼なじみ同士は敵として出会ってしまったというのが、ドラマとしてはいいですね。
恋愛以外でもいろいろな修羅場を考えさせてくれる幼なじみは、フィクションにとっては、ありがたい存在なんですね。
幼なじみとの恋愛 | 17:50 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
幼なじみとの同棲
幼なじみといえば、どうしても異性で、しかも恋愛関係になるというイメージがありませんか。
現実の世界では、同性の幼なじみというのも数多く存在すると思うんですがね。
やはりフィクションの世界では、幼なじみの女の子との恋愛というのが主体です。
だいたい、幼なじみの女の子は世話好きで、わがままな主人公をいろいろ助けてくれます。
「タッチ」だけじゃないですよ、幼なじみの女の子との恋愛がえがかれているのは。
「機動戦士ガンダム」にも、世話好きで幼なじみの女の子が登場していますがね。
そんなこんなで、同性の幼なじみはどこかに置き去りにされている現実なのですけれども。
今回、同性ならぬ、幼なじみとの同棲というテーマで書かせていただこうと思っております。
同棲というと、男女のことですから、やはり異性の幼なじみということになりますな。

幼なじみとの同棲に、やっぱり多くの人は、ロマンを感じるものなんですかね。
わたしのような非リアには、幼なじみとの同棲なんて言っても、現実感がないのですが。
いや、幼なじみというより、同棲という言葉そのものに現実感がないのかもしれません。
まあとにかく、幼なじみとは、少なくとも気心は知れあっているでしょうから、同棲はやりやすいかもしれませんね。
やっぱり見ず知らずの異性と同棲するよりは、幼なじみの方が相手としては適切でしょう。
とはいえ、幼なじみとの同棲には、何の問題もないでしょうか、理想的なものでしょうか。
幼なじみとの同棲がうまくいくかどうかは、人によりますから、何とも言えませんね。
幼なじみ同士でうまくいくこともあれば、うまくいかないこともあるでしょうから。

幼なじみとの同棲ですが、同棲というと、やはり男と女でなければならないものでしょうか。
男同士、あるいは女同士の幼なじみとの同棲というのは、ないものなのでしょうか。
まあ同棲というと、普通は恋愛関係にある人同士が一緒に住むことを言いますからね。
同性の幼なじみと同棲するというと、なんだかアブノーマルという感じがしてしまいますが。
しかし、この時代、恋愛にはいろいろな形があってもいいわけだし、同性の幼なじみとの同棲もあるんじゃないですか。
いや、わたしは同性の幼なじみと同棲したいとは、全く思っていませんけれども。
とにかく、幼なじみとの同棲がうまくいくかどうかは、本人達の努力によるでしょうね。
幼なじみとの恋愛 | 18:10 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
幼なじみとの付き合い方
幼なじみとの付き合い方について、勝手に、いろいろと考えてみたのですがね。
一言で幼なじみとの付き合い方といっても、それこそいろいろあると思うんですよ。
たとえば、恋愛関係になったときの、恋人としての幼なじみ付き合い方というのがあります。
それから、幼なじみと一緒に育ち、大人になってからの付き合い方もあるでしょう。
もっというなら、幼なじみとの、お互いの家族との付き合い方というのもあるのではないでしょうか。
こうして考えてみると、幼なじみとはいろいろな付き合い方というのが考えられるのですね。
普通、幼なじみとの付き合い方といえば、どうしても恋愛関係を想像してしまいそうですがね。
でも幼なじみといっても、恋愛関係になるとは限らないし、まして同性同士ということもありますよね。
なのに、幼なじみとの付き合いというと恋愛関係を想像してしまうというのは、どうしてでしょうか。

幼なじみと恋愛関係になる漫画や映画が多いので、付き合い方というとそういうのを思い出してしまうのでしょう。
しかし、こういった作品は多くが、幼なじみとの恋愛が成就したらそこで終了です。
大人になって以降の幼なじみとの付き合い方なんて、そうそう描かれないのではないでしょうか。
だって、恋愛成就以降の幼なじみとの話は、事件解決後のミステリーのようなものですよね。
幼なじみと恋愛が成ると、もう見る人や読む人の興味が薄れてしまっているんですよね。
そういうわけで、同性の幼なじみというのも普通はいるはずなのに、無視されます。
幼なじみといえば異性、そして恋愛というイメージが、われわれの頭に刷り込まれていくわけですね。

幼なじみとの付き合い方ですが、大人になるにつれて、トラブルが起こったりしないですかね。
お金に困った幼なじみが、たとえば付け焼刃の知識で事業を起こすと仮定しましょう。
そしてその幼なじみが事業に失敗して、借金を増やしてしまったら、あなたはどういう付き合い方をしますか。
そんな幼なじみとの付き合い方なんか考えず、さっさと別れてしまうというのもいいでしょう。
しかし幼なじみですから、放っておけないということもあるんじゃないでしょうか。
仮定の話ですが、そんな状態になってしまったら、幼なじみとの付き合い方も考えてしまいますよね。
でも、自分自身がそんな困った幼なじみにはならないよう、気をつけたいと思っていますが。
幼なじみとの恋愛 | 17:50 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
幼なじみに告白
幼なじみと恋愛関係になる作品が、漫画でも小説でも多く描かれてきていますが。
実際に幼なじみと恋人になるためには、やっぱり通過すべきプロセスがあるのではないでしょうか。
つまり、恋人になるためには、いくら相手が幼なじみといえど、告白しないといけないんじゃないですか。
ずっと一緒に育ってきた幼なじみに恋心を告白するなんて、普通より勇気がいりそうですね。
幼なじみに告白する気恥ずかしさを考えたら、他のことなんか何でもなさそうです。
まあ、わたしには告白すべき幼なじみなんかいませんから、むしろうらやましくなりますが。
まあとにかく、幼なじみだからといって、何でも気持ちがわかるわけではありませんからね。
あらたまって、幼なじみ相手に「上杉達也は浅倉南を愛しています」みたいに告白しないといけないんでしょうかね。

幼なじみと付き合うにしても、告白しなくていいパターンもありそうに思えるんですがね。
たとえば、そうですね、自分も幼なじみも幼いころから互いに「この人と結婚するんだ」と思っていた場合とか。
また、自分と幼なじみが結婚することが、周囲の人達の暗黙の了解だったりとか。
そういう状況では、わざわざ告白しなくても、幼なじみとは自然に恋愛関係になりそうです。
告白なしで自然に恋愛関係というのは、幼なじみ以外でもありえる話ではありますが。
まあしかし、幼なじみと自然に恋愛関係になるというのは、ありそうな話ですよね。
とはいえ、幼なじみには全く恋愛感情を抱かないという話も、やっぱりありそうです。
もしかして、幼なじみには「おれ、ほかに好きな人がいるんだ」と告白しなければならなくなるかもしれません。

幼なじみに対する告白について、勝手にいろいろと心配してきましたけれどもねえ。
幼なじみとか告白とかよりも先に、まず、自分の恋愛について心配しなければならないわたしです。
前述のように、告白して恋愛関係になれそうな幼なじみなんて、全く存在しません。
幼なじみの女の子がいないことはないのですが、告白して恋愛関係になるなんて不可能です。
そもそも、その幼なじみとはもう30年近くも会っていないのですから、告白とかそういう話はありません。
まあしかし、幼なじみのことが好きで、告白したいと思っている方には、がんばってほしいですね。
幼なじみに告白する気恥ずかしさというのは想像に難くないので、応援したいところです。
幼なじみとの恋愛 | 17:50 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
幼なじみと結婚
幼なじみとの結婚というのは、どうなんでしょうか、そうそうあるものなんですか。
わたしは幼なじみの女の子がいましたけど、離れてもう30年くらいになります。
それどころか、幼なじみうんぬんよりも、結婚すらできなさそうな、今の状態です。
そんなわたしにとって、幼なじみとの結婚というのは、縁のないもの二つの組み合わせという感じです。
まあしかし、幼なじみとの結婚というのは、なんだかいいことづくめのような気がしませんか。
お互いに一緒に育ち、互いのことをよく知っている幼なじみとの結婚ですからね。
幼なじみが相手であれば、相手の過去に何があったのか、気にする必要もありませんし。
それに、幼なじみが結婚相手というのは、お互いのご両親の理解も得やすいでしょう。

幼なじみとの結婚なんていうのは、わたしの周りでは聞いたことがないのですがね。
そもそもわたしの周りの狭い世界では、幼なじみはおろか、結婚という話を聞かないですが。
ずっと一緒に育った幼なじみと結婚するためには、恋愛感情がないといけませんよね。
それより、幼なじみだった異性と一度別れて、成長してから再会というパターンならわかります。
これなら幼なじみが相手でも恋愛関係となり、結婚となっても説得力があります。
そういえばドラマ「北の国から」でもこの幼なじみ再会結婚パターンがありましたよね。
あのドラマの中の正吉と蛍は、幼なじみでのちに再会してから結婚という形です。
それから、「ドラゴンクエスト?」のビアンカも幼なじみでのちに再会して結婚というパターンです。
ドラクエの場合は、幼なじみのビアンカとは別の女性とも結婚できますけどね。

幼なじみとの結婚は、なんとなく、憧れてしまうようなシチュエーションですよね。
しかし、幼なじみとはいえ、結婚となるとプロポーズとかをしないといけませんよね。
気心が知れあっているような幼なじみ同士のプロポーズとなると、かなり恥ずかしいものではないでしょうか。
もちろん、いかに相手が幼なじみといえど、結婚のためにはそんな恥ずかしさなど克服しなければなりません。
結婚するためには、相手がどんな人であろうが、恥ずかしさを乗り越える勇気が必要なのでしょう。
こうして、さまざまな苦難を乗り越えて、めでたく幼なじみと結婚ということになるのですね。
みなさんも、気になっている幼なじみがいましたら、結婚するために勇気を持ちましょう。
幼なじみとの恋愛 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
幼なじみとの恋愛
幼なじみというのは、恋愛漫画やドラマ好きの方には、なんとなくいい響きを持つ言葉でしょう。
というのも、漫画やドラマ、映画やゲームと、幼なじみとの恋愛が描かれ続けてきました。
いったい幼なじみとの恋愛のどこに、それほども魅力があるというのでしょうか。
やっぱりずっと一緒に育ってきたということが、恋愛ものにおける幼なじみの特殊なシチュエーションなのでしょう。
こういった幼なじみの特殊なシチュエーションを使わない手はないというものでしょう。
実際に、幼なじみに対して恋愛感情を抱けるものなのか、それは人それぞれです。
ただ、幼なじみが魅力的な異性であれば、恋愛感情を持つというのも自然の流れでしょう。
もちろん、幼なじみに恋愛感情を持っても、相手から同じ感情を持たれるとは限りませんが。

幼なじみとの恋愛話は、昔から人気のある設定というか、モチーフとなっています。
これらの作品は、実際に幼なじみがいない人には、嫉妬の感情を起こさせるときもあります。
わたしも幼なじみの女の子がいない非リアですから、主人公がうらやましくなってしまいますが。
さて、話は変わりますが、もし現実世界でどこかの男の幼なじみの女の子に恋愛感情を持ったら、苦しくなりそうです。
だって、この二人は幼なじみですから、わたしなどには入れない何かがありそうです。
それに、この男は幼なじみについて、わたしなんかは知りえない、その女の子についての膨大な情報を持っています。
そして、この二人は幼なじみとして、今までどれだけの時間を一緒に過ごしてきたことか。
こういう場合、わたしの唯一のアドバンテージは、「幼なじみには恋愛感情を抱きにくい」ということだけです。

幼なじみとの恋愛話は、何度も述べている通り、再三使われてきた設定ですけど。
そうはいっても、現実では決して幼なじみイコール恋愛ではないわけですよね。
ある女性に幼なじみの男がいたとしても、その男を振り切って、女性との恋愛が成就することもあり得ます。
たしか韓国ドラマの「冬のソナタ」は、そういう話だったように記憶しているのですがね。
もちろん、長年一緒に過ごした幼なじみと恋愛関係になり、そのまま結婚という人も、現実にはいらっしゃるでしょう。
こうして考えてみると、やっぱり幼なじみという設定は、恋愛ドラマを作りやすいのかもしれません。
これからも幼なじみとの恋愛を描いた作品というのは、作られ続けていくことでしょう。
幼なじみとの恋愛 | 17:40 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
幼なじみの彼女
幼なじみと付き合って、自分の彼女にしているという人は、やっぱり世の中にいるのでしょうか。
「タッチ」などの漫画の世界では幼なじみと恋愛関係になるというのはよくあることですが。
しかし、わたしなんかは幼なじみを彼女にするなんていう思想は全くないですね。
これは、たんにわたしがいかに女性にもてないかという話にもなりますが、幼なじみはわたしにもいました。
わたしは男で、その幼なじみの人は女の子なのですが、今どこで何をしているのやら。
親の転勤とかで幼なじみとは離ればなれになって、もう20年以上が経過しました。
彼女に、つまりその幼なじみの女性に今会ったとしても、お互いに気づかないでしょうね。

幼なじみのその彼女に、いや、彼女というのはあくまで代名詞であって、恋人という意味ではないですが。
気を取り直して、幼なじみの彼女に出会ったのは、わたしが保育園に通っていたころでした。
その幼なじみの彼女は、わたしたち家族が住んでいた家の向かいの家に住んでいました。
よくわたしと弟とその幼なじみの彼女と三人で遊んだものですよ、はるか昔ですが。
こうして思い起こしてみると、まるでわれわれ兄弟と幼なじみの彼女は「タッチ」の世界みたいですね。
わたしと弟は双子ではないし、野球もやっていないし、しかも弟は元気で生きていますが。
まあとにかくわたし達と幼なじみの彼女は仲がよく、よく一緒に遊んでいました。
お互いの家族同士の付き合いもあり、その幼なじみの彼女との時間は、幸せで、楽しかったですね。
しかしまあ、父親の転勤の都合で、われわれは幼なじみの彼女とは離れることになりましたが。

幼なじみの彼女と離れても、わたしは子どもでしたから、そんなにさびしいと思わなかったのではないでしょうか。
幼なじみとその家族と離れて、悲しくて泣いたとか、そういう記憶が一切ないんですよね。
いや、もう20年以上も昔のことだから、泣いた記憶もなくなっているだけかもしれませんが。
とにかく、親の転勤とか、子どもにはどうしようもない理由で幼なじみと離れることはよくあります。
漫画などに見られるような、幼なじみの彼女とずっと一緒に育つ、なんていうのは、思ったより少ないのではないですか。
ちなみにその後の話ですが、父親の転勤先で、また女の子の幼なじみがいたんですよ。
こうしてみると、子どものころからのリア充みたいですが、その幼なじみの彼女ともすぐに離ればなれになりました。
幼なじみとの恋愛 | 18:10 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
幼なじみの彼
幼なじみの彼は、いったいどんな人でしょう、あなたには優しくしてくれますか。
多くの場合、男性は照れ屋ですので、幼なじみの彼も本心を隠してしまうかもしれません。
幼なじみの彼は、あなたのことが好きだとしても、「うるせえな」とか言ってくるかもしれません。
それは照れ隠しの可能性が高いので、幼なじみであるあなたを嫌っているわけではないでしょう。
そもそも幼なじみですから、あなたは彼のことをよく知っているのではないですか。
しかし単に幼なじみというのでは済まなくなってきたくらい、彼のことが気になっていますね。
いいんです、いいんです、幼なじみの彼のことが、どんどん気になってくるのは、よくあることなんです。
だって、あなたも、彼も、幼なじみではあっても、お年頃の男女でもありますから。

幼なじみの彼のことを、よく知っているはずなのに、だんだん理解できなくなってくるかもしれません。
というのも、彼は男なので、幼なじみとはいえ、あなたとは違う考え方や趣向を持つようになります。
もう、お年頃ですから、幼なじみの昔のように、気軽に手をつないで歩いたりはできませんね。
もしかしたら、彼はあなたのことを嫌いではないけれど、単に幼なじみとしてしか見ていないかもしれません。
ずっと一緒に育ってきた幼なじみを、恋愛の対象として見るのは、やや難しいみたいですね。
もしかしたら、彼には幼なじみのあなた以上に、気になっている女の子がいるかもしれません。
男にとって、ある程度成長してから出会う女の子というのは、魅力的なものなのです。
こういうところが、幼なじみにとっての、恋愛での不利な面と言えるかもしれません。

幼なじみの彼が気になっていても、あなたの方は素直になることができるでしょうか。
男は総じて意地っ張りですから、彼も幼なじみのあなたに対して、意地を張るかもしれません。
あなたのことを好きだとしても、幼なじみの彼はなかなか口にしないし、態度にも表さないようにするでしょう。
そうは言っても、あなただって幼なじみの彼に対して、そうそう素直にはなれなくないですか。
そういう、つかず離れずの幼なじみ同士の関係というのは、はたから見ていると歯がゆいものがありますが。
どうか、幼なじみの彼が好きなら、周りの目を気にせず、ゆっくりと気持ちを育てていってください。
幼なじみの彼が、あなたの方を振り向いてくれる日が来ることを、わたしも祈っています。
幼なじみとの恋愛 | 18:00 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
  • 1/1PAGES