恋愛の悩み相談

恋愛の悩みを解決するために恋愛マニュアルを読んでみる。
出会いがないから出会いを増やす
会話が続かないから会話テクニックを学ぶ
妊娠中の妻に夫婦喧嘩
夫婦喧嘩をしちゃいけないって分かってはいても、ついつい勃発させちゃう事ってありませんか。
例えば、妻が妊娠中の時、可愛い我が子がおなかの中にいるんだから、まさか、本気で夫婦喧嘩したいなんて思われるご主人はいないですよね。
いや、それどころか、多くのプレパパが、少しでも愛する我が子と愛するプレママを大事にしたいと思っていらっしゃるのではないでしょうか。
ただ、その思いはあっても、中々実行出来ないのが日本人男性の困ったところで、結果、夫婦喧嘩が起こるというパターンが少なくないようです。
恐らく、妊娠中の奥様の不安というのが、旦那様の想像を絶するものなのでしょう。
となると、妻はそれを少しでも分かってほしいんだけど、若い夫はどうしても分からないという事で、夫婦喧嘩になってしまう。
こういう夫婦が多い事が、あるアンケート調査から明らかになっているそうです。
それもね、面白い事に、第1子の妊娠中より、第2子の妊娠中の方が、夫婦喧嘩が多かったというご夫婦が多いんですよね。
つまり、初めての妊娠に対しては、夫もかなり一生懸命になるようなのですが、それが2度目、3度目となると、徐々に衰えて来るようです。
そして、その夫のパワーが衰えた分だけ夫婦喧嘩はパワーアップするという事なのでしょうか。

夫婦喧嘩はある意味、一つのストレス解消法なんて言いますからね。
もしかしたら、妊娠中には適度な夫婦喧嘩も悪くはないのかも知れません。
旦那に言いたい事を思い切りぶつけて、すっきりするというのも有りと言えば有りでしょう。
まあ夫婦喧嘩をする事がいいとか悪いとか、原因がどうのこうのとかっていうのは別としてね。
女性は臨月が近付くと、どうしても外へ出る機会も減るし、友達とおしゃべりをする機会も減ります。
そうなると、旦那しか話を聞いてもらえる人がなくなる訳で、時に夫婦喧嘩になってもいいんですよ。
ただ、気を付けないと、おなかの中の赤ちゃんは、パパとママの夫婦喧嘩をちゃんと見ているそうですからね。
その内容によっては、将来親の威厳や信用をなくしちゃうかも知れませんよ。
なので、どうせなら、奥さんの妊娠中は、意味のあるいい夫婦喧嘩をしていただければと思いますね。

夫婦喧嘩の原因として、非常に多いのがお金の問題と子供の問題です。
となると、妊娠中の妻には、この夫婦喧嘩の二大原因が常に付き纏っている事も十分考えられます。
それに加え、出産の不安や母親になる事への不安もあるでしょう。
まあね、恐らくパパの方にも似たような不安はあるでしょうから、おまえだけじゃないっていうところから夫婦喧嘩に発展するのかも知れません。
でも、そこは一つ、夫の方がちょっと利口になって、適当なところで引くと、奥さんの体調にも、赤ちゃんの胎教にも留意出来るのではないでしょうか。
という事で、夫婦喧嘩を始める前に、ブログやサイトで様々な妊婦さん家庭の夫のあり方なんぞを研究されてみても面白いでしょうね。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
夫婦喧嘩の仲直り方法
夫婦喧嘩で仲直りする最善の方法は、夫婦どちらかが謝ってしまうことです。
夫、妻、どちらでも良いので、夫婦喧嘩を終わらせたいと思ったら、頭を下げて仲直りしてしまいましょう。
ただ、夫婦喧嘩の仲直りの方法は、1つではありません。
夫婦の数だけ夫婦喧嘩の原因はあり、仲直りの方法も夫婦の数だけあります。
テレビを観ていると、タレント夫婦が出演し、夫婦喧嘩の様子や、仲直り方法を語ることがあります。
周囲が聞いたら、なんともくだらない夫婦喧嘩の仲直り方法を紹介するタレント夫婦もいます。
そして、単に仲が良いのをあてつけられているのではないかと思えるような夫婦喧嘩の仲直り方法を紹介するタレント夫婦もいます。

夫婦喧嘩は犬も喰わないといいますし、仲が良いほど喧嘩するというほど、周囲が見たら、「勝手にやってろ!」といいたくなるような仲直り方法があるのです。
ですから、夫婦喧嘩の仲直りの方法は、夫と妻で相談し、二人で見つけると良いかもしれません。
そして二人で仲直りの方法を見つけたら、その方法を約束事として、夫婦喧嘩の後に実践してみましょう。
意外と後腐れなく夫婦喧嘩を終息することができるようになるかもしれません。
夫婦喧嘩が深刻なものであれば、仲直りのために、他人に仲裁を求める場合があります。
金銭問題が絡んでいる夫婦喧嘩ともなると、夫婦だけではどうにもならず、他人が仲直りのために仲裁に入ることがあるでしょう。
金銭問題の夫婦喧嘩は、金銭問題の解決方法が見えない限り、仲直りすることができず、ずっと喧嘩状態が続くといっても過言ではありません。
ですから他人に夫婦喧嘩の仲裁に入ってもらい、金銭問題の解決方法を探って、仲直りするのです。
仲直りのために夫婦喧嘩の仲裁に入ってもらうのは、実の両親でも良いですし、場合によっては弁護士でも良いでしょう。

夫婦喧嘩で仲直りしようと考えたら、その問題をどのように解決すればよいのか、具体的なアドバイスをくれる方に相談し、仲裁してもらうのがベストです。
夫婦喧嘩の原因が浮気にある場合、仲直りしようと考えたら、浮気をしたほうが、浮気をしていない方に対して、とことん謝罪しましょう。
あくまでも浮気であり、本気ではないことを何度も繰り返し相手に伝えれば、夫婦喧嘩で仲直りをすることができると思います。
浮気が原因で夫婦喧嘩が勃発したら、浮気相手よりも結婚相手のほうが大切であるということを伝えるのが仲直りの方法として重要でしょう。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
夫婦喧嘩の無料相談掲示板
夫婦喧嘩の無料相談なんていう掲示板方式のサイトが、昨今インターネット上で人気を博しているのだそうですね。
夫婦喧嘩の無料相談って、何だか立派なカウンセラーの先生や弁護士さんたちが回答してくれそうな感じには聞こえます。
勿論、中にはアスクドクターズみたいなそういう本格的なサイトやブログもあるのかも知れませんがねぇ。
私が知る限りは、大抵こういう夫婦喧嘩相談というのは、掲示板方式な訳でしょう。
だったら、相談する側も、相談される側も書き込み自由の世界なんですよ。
時には、自分はプロのカウンセラーだとかって言って、夫婦喧嘩についての相談に乗っている人もいますが、実際はどうか分かりません。
基本的には夫婦喧嘩の解決法なんてあるようでないんですから、自分たちで答えや妥協点を見付けるしかない訳ですよ。
夫婦喧嘩相談の掲示板には、話すだけでスッキリを得る場がおおいにあるのだろうと私は思いますね。

夫婦喧嘩をして、誰かに本格的に、それこそお金を出して相談するとなると、はっきり言って、もう完全に離婚の危機を迎えていると言ってもいいと思われます。
ただ、多くの夫婦の夫婦喧嘩は、やはり兄弟喧嘩と同様、瞬間的に勃発して、瞬間的に治まるものでしょう。
そうなると、こういう無料の夫婦喧嘩相談掲示板というものの存在価値は随分高まります。
これもこうした無料の夫婦喧嘩相談の掲示板が支持を集めている大きな理由の一つだと思われますね。
そう、いくら誰かに話を聞いてもらうだけでいいとは思っていても、一方通行じゃねぇ、どうしても空しくなってしまうじゃないですか。
そもそも、夫が妻の話を聞いてくれないという事で夫婦喧嘩が起こるケースが非常に多い訳ですからね。
夫が話を聞いてくれないという話を誰かに聞いてもらって、且つ、その話を聞いた誰かが声を掛けてくれればどうでしょう。
最終的には、発端となった夫婦喧嘩なんてどうでもよくなっちゃうんじゃないかしらね。
と、私なんぞは思うのですが、皆さんは、こうした夫婦喧嘩無料相談の掲示板、どう思われますか。

夫婦喧嘩の中でも、最も気を付けないといけない相談が、熟年のご婦人から送られて来るものなのよね。
以前、有償で夫婦喧嘩の相談を受け付けているカウンセラーの先生がおっしゃっていらっしゃいました。
ちょうど熟年離婚という言葉が流行語になり始めた頃じゃなかったかと思いますが、その現象は、益々ヒートアップしているようですよ。
まあね、夫婦喧嘩がいきなり離婚の原因になるなんていう事は余りないのでしょうけれど、年を取ると、ケンカをする時も、それなりに警戒しないといけないようですね。
という事で、昨今の夫婦喧嘩事情は、先ほどご紹介した相談掲示板などでもよく分かりますし、ブログやサイトでもよく分かるので、たまに読んでおく事が大事かも・・・。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
子供は夫婦喧嘩の原因ナンバーワン
夫婦喧嘩って、ある程度の年になると、余りやらなくなるって聞いた事があるのですが、本当なのでしょうか。
そもそも夫婦喧嘩をするというのは、お互いに多少なりとも相手に感心があるからこその事。
ただ、あるベテラン夫婦に聞いた話では、年を取ると相手に感心があるとかないとかは別として、夫婦喧嘩をする気力やネタがなくなるものなのだとか・・・。
その夫婦曰く、若い頃の夫婦喧嘩のきっかけと言えば、大体お金の事か子供の事、この2つしかなかったと言っても過言ではなかったそうです。
それも、子供がいるから、教育費だの、娯楽費だのと、どうしてもお金が掛かる。
そこで、そのお金をどうするかというところから話が始まり、やがては教育に対する考え方でもめて、最終的には夫婦喧嘩に発展するというのが圧倒的パターンだったそう。
となると、子供たちが大学を卒業し、それぞれ社会人となり、一家の主となった今、そういう話し合いは必要なくなった訳ですよ。
結果、夫婦喧嘩をする必要性もなくなったとおっしゃるんですね。

夫婦喧嘩の材料が、お金か子供というのは、なるほど、言われてみればという気はしますね。
子供がいるから何かとお金が掛かり、その事で夫婦喧嘩になるという流れ、うん、よくありそうです。
それに、子育てに追われてる世代って、まだまだお互い若くてパワーもあるじゃないですか。
という事は、当然目一杯討論なども出来る訳で、ある意味、子育て世代イコール、夫婦喧嘩世代なのかも知れませんね。
ただ、我が子を愛する情熱というか、我が子を思う思いというのは、父親も母親も同じだろうという気がします。
だからこそ、お互い妥協出来なくて夫婦喧嘩になっちゃうのかも知れませんが、その辺りはどうなんでしょう。
まあもっとも、最終的にはどこかで妥協点が成立するから夫婦喧嘩は治まるんだろうけど、まあ余り深刻にならないうちに停戦していただければとは思いますね。
て、まるで人ごとみたいに言っていますが、思えば我が家もはるか昔はそうでした。
子供たちの事でもう嫌になる位夫婦喧嘩をしたものですが、今となってはそれも一つの子育て記録であり、夫婦の思い出でもあります。

夫婦喧嘩の原因ナンバーワンとも言えるらしき子供たちの存在。
けれど、子は鎹と言われる通り、子供たちは夫婦喧嘩の最高の救世主でもあります。
考えてみれば、子供たちほど巧みに親の心情をもてあそんでいるやつらはいないでしょうね。
正しく夫婦喧嘩の陰に子供あり、自分たちのご都合主義で、親をもめさせたかと思ったら、仲直りさせたりなんかもしてくれちゃって・・・。
という事で、年を取るとケンカをするネタも気力もなくなると言う老夫婦というのは、実は実は私たち自身なのですが、さてさて皆さんのお宅はどうでしょう。
隣の子供や隣の夫婦喧嘩は気になるもので、たまにそういう記事の載っているブログやサイトを読むと、中々面白いなぁっと思ったりなんかする今日この頃なのであります。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
夫婦喧嘩の様々な原因
夫婦喧嘩の原因は、その時々によって異なるでしょう。
金銭問題が原因で夫婦喧嘩が勃発することもあれば、浮気が原因のときもあると思います。
ご飯の味が原因で夫婦喧嘩になることもあると聞きます。
ですから夫婦喧嘩の原因を、1つに絞ることはできないと思います。
夫婦喧嘩の原因は、喧嘩をしている当事者にも関らず、夫と妻で違うことがあります。
夫が夫婦喧嘩の原因は妻にあると主張し、妻は夫に原因があると主張するケースです。
こうなると夫婦喧嘩を終息するには、どちらに原因があるにせよ、どちらかが謝らなければなりません。
妻が夫に原因があると謝らなければ、夫婦喧嘩を終息するために、夫が頭を下げなければならないでしょう。

夫婦喧嘩をしたとき謝れる男性は強くてステキだと思います。
今は鬼嫁という言葉がありますが、鬼嫁の夫は夫婦喧嘩の原因は自分にあると簡単に認め、謝るのが上手だと思います。
鬼嫁に頭を下げ、原因が自分にはなかったとしても、自分に原因があるといい、夫婦喧嘩を終息するために謝ります。
ですから鬼嫁の妻を持った夫は、夫婦喧嘩を終わらせるのが大変上手で、なんだかんだいって実は家庭での主導権を握っているように感じます。
夫婦喧嘩の原因は様々ありますが、実は単純なものが多いように見られます。
どちらが家庭ごみを捨てるかで夫婦喧嘩になることもあれば、ビールの買い忘れで喧嘩になることもあるようです。
我が家も時々夫婦喧嘩をしますが、原因は、子どもが聞いても首を傾げてしまうほどに、くだらないことです。

夫婦喧嘩の原因は些細なことが多いものです。
ビールを冷やし忘れていたことが原因で夫婦喧嘩をしたこともありますし、夫のシャツの用意を忘れて喧嘩をしたこともあります。
妻の私としては、私だって忙しいのだから、シャツぐらい自分で用意してくれればいいのにと思い、夫婦喧嘩に発展してしまいます。
夫としては、妻なのだから、家庭のことをやるのは当たり前で、自分のシャツを用意するのも当たり前と思っているので、夫婦喧嘩になってしまうのです。
大人がシャツごときで夫婦喧嘩をするのですから、子どもたちは、くだらない原因で喧嘩をしているなと呆れています。
ただ、あまりにもくだらないことが原因の夫婦喧嘩なので、離婚にまで発展しません。
夫婦喧嘩で離婚にまで発展するのは、喧嘩の原因が浮気、金銭問題のときなどでしょう。
多額の借金が原因で夫婦喧嘩を毎日のようにしていれば、生活に嫌気がさし、離婚に発展してしまいます。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
夫婦喧嘩の解決法
夫婦喧嘩は犬も食わないなんて昔から言いますが、あれは本当ですね。
夜な夜な夫婦喧嘩の繰り広げられている我が家では、マジで愛犬たちも、またかってな顔して、見て見ぬ振りしています。
ただ、この間友人たちを交えてグループ旅行に行った際は、ちょっと話が別でしたよ。
中には未だ独身のおっさんも何人かいましたから、夫婦喧嘩そのものが面白いと見えてね、中々ウケておりました。
半ば爆笑夫婦劇場状態でしたよなんて、笑い事じゃないんですけどね。
「なんで、こんなとこ来てまでも、家と同じ事言わなきゃいけないのよ!」、「おまえが勝手に言ってるんだから、俺は知らない!」てなもんで、いつも通りの夫婦喧嘩。
我が家では、旦那が飲んで酔っ払うと、毎度こんな風になる訳ですよ。
とにかく旦那が寝てくれれば、それで事態は収拾、一夜明ければ、何事もなかったかのように、新しい朝が始まります。
結婚生活というものを知らず、夫婦喧嘩を体験した事のない友人たちには、その辺りもまた中々面白かったようですね。

夫婦喧嘩と一口に言っても、その原因も様々なら内容も様々で、時に非常に深刻な場合もあります。
実際問題、妹夫婦などは、長期戦になるような本格的な夫婦喧嘩を年に一度位はやっているようです。
それでもやっぱり根本的な解決法はないのが現実で、頭が痛いと母は言いますね。
そうなんですよね、離婚するかしないかというところにまで話が発展すれば、それこそ親や裁判官の出番という事になるのでしょう。
でも、単なる夫婦喧嘩で、ダイレクトにそのレベルまで達する事はまずありません。
これはあくまでも私の個人的主観ですが、夫婦喧嘩というのは、ある意味、夫婦の危機を乗り切るためには必要不可欠なものだと思うんですよ。
お互いぶつかり合わずにいたら、相手をきちんと理解する事も出来ないし、自分の気持ちを相手に伝える事も出来ません。
そう、夫婦喧嘩こそが最良の夫婦ケンカの解決法かも知れないんですよね。

夫婦喧嘩はどちらが先に誤るかで、その後の進展が大きく変わると言う友人がいます。
そのお宅では、大体旦那の方が先に誤って夫婦喧嘩が解決するのが圧倒的多数なのだそうですよ。
ただ、旦那の方はそれが賢明だと思っているらしいのですが、妻の方はそれも策戦のうち。
わざと夫婦喧嘩に持ち込み、常に旦那のハートを巧みにコントロールしているとか・・・。
まあ確かにね、ケンカをするという事は、お互い相手に興味があるという事だから、たまには気持ちを引くためにもやったほうがいいのかもね。
でも、気を付けないと、小さな夫婦喧嘩がきっかけで、本当に気持ちがよそへ向いてしまう事も少なくありません。
そうなったら、それこそ解決法がなくなってしまうので、そうならないようにと祈ります。
という事で、皆さんの思う夫婦喧嘩の解決法とはどんなものなのか、一度関連のブログやサイトで読んでみると面白いかも知れませんね。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
夫婦喧嘩とは
夫婦喧嘩とは、その名の通り、夫婦で喧嘩することです。
妻と夫で行う夫婦喧嘩は、周囲から観ていて見苦しい場合と、微笑ましい場合があります。
夫婦喧嘩は全てが悪ではなく、一種のコミュニケーションになっている場合もあるでしょう。
ことわざには夫婦喧嘩は犬も喰わないとあります。
夫婦喧嘩は一時的な喧嘩であって、長期間続くものではなく、すぐに仲直りするので他人があれこれ関らなくても大丈夫なことが多いのです。
しかし、夫婦喧嘩が長期に渡れば、離婚に発展する可能性はあります。
喧嘩するほど仲が良いとも言われますが、夫婦喧嘩の内容によっては、夫婦関係を修復することは難しいでしょう。

夫婦喧嘩の原因として真っ先に思い浮かぶのは、浮気ではないでしょうか。
夫の浮気が原因で夫婦喧嘩が勃発し、離婚に至るというケースは少なくありません。
とある女性タレントも離婚しましたが、離婚の原因は夫の浮気で、夫婦喧嘩から離婚へと発展したようです。
そして夫婦喧嘩の原因には、金銭問題もあります。
夫婦どちらかが内緒で多額の借金を作り、夫婦喧嘩を経て、離婚に至る場合があります。
少々の借金であれば、ちょっと夫婦喧嘩をして、即仲直りし、夫婦で協力して借金を返済していくということも考えられるでしょう。
しかし、数百万円にも上る借金であれば、夫婦喧嘩を経て、離婚ということになりかねません。
また、夫婦喧嘩の原因には、性格の不一致があります。
もともと、性格の合わない者同士が結婚してしまい、一緒に生活していくうちに、相手の許せない欠点を発見して夫婦喧嘩を繰り返し、離婚に至ってしまいます。
ですから夫婦喧嘩は、できることなら無いほうが良いのかもしれません。

夫婦喧嘩を少なくし、夫婦仲良く暮らしたいなら、お互いに協力しあう気持ちが必要でしょう。
夫の浮気は妻への裏切りですから、夫婦喧嘩をして離婚しないためには、浮気をしないのが最善の方法です。
「ばれないように浮気してくれれば良い」という妻もいるようですが、どんなにばれないように浮気をしても妻にはばれるもので、夫婦喧嘩に発展してしまうでしょう。
夫婦喧嘩で済めばよいかもしれませんが、喧嘩で済まず、離婚にまで発展してしまうと、大変な労力と費用が必要になります。
ですから夫婦喧嘩をしないように夫婦仲良くしようと、お互いが思いやる気持ちを持てば、離婚という事態は避けられるでしょう。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
恋愛科学でのkiss
恋愛科学って一体どのようなものなのか、ちょっと気になりませんか。
恋愛を科学的に分析することが恋愛科学だと思うのですが、それにしても、どのように科学的に分析するんでしょう。
学問として心理学や人間行動学なんてものもあるんだから、恋愛科学があってもおかしくはないと思うのですが、それにしても不思議なネーミングです。
恋愛に関しては、恋愛科学というよりは、恋愛心理学のほうがなんとなくピッタリくるような気がするのは私だけでしょうか。
ブログやサイトなどで恋愛科学に関して色々と調べてみたのですが、正直、あまり理解できませんでした。
随分と前に深夜番組のコーナーにも恋愛科学というのがあったようですが、残念ながら私は見たことがありませんでした。
日本では、藤田徳人氏の作った恋愛科学研究所というのがあり、脳内ホルモンと人間の行動の関係を分析しています。

恋愛科学は、日本だけでなくアメリカでも研究されていて、結婚相手紹介サービスにも利用されています。
アメリカの恋愛科学の第一人者ヘレン・フィッシャー氏によると脳内の特定の物質が恋愛には大きく影響しているのだそうです。
この脳内の特定の物質がドーパミン、セロトミン、テストステロン、エストロゲンで、日本の恋愛科学の脳内ホルモンがこれになるようですね。
ちなみに恋愛科学によれば、好きな人とkissをすると脳内のエストロゲンというホルモンがたくさん分泌されるのだとか。
エストロゲンは分泌量が増えるとお肌のツヤがでるそうで、恋人ができて綺麗になる女の子はこのエストロゲンがいっぱい増えているんでしょうね。
また、恋愛科学によるとセロトニンはkissなどで愛されていることを実感すると増えるホルモンで、感情のバランスを調整してくれるそうです。
恋愛科学で見ると、もし、kissする相手がいない場合でも、映画などのkissシーンなどでドキドキしたり、誰かとのkissを想像するだけでも同じ効果が得られるそうですよ。

恋愛科学というのは、kissなどで起こる脳内ホルモンの動きを研究したり、分析したりしているものなのですね。
確かに人を好きになったり、kissをする時にドキドキしたりする感情って不思議なものではありますよね。
ただ、それを恋愛科学などで脳内ホルモンの動きが活発だから、なんて言われてしまうと少し味気ない気がしてしまいます。
実際には、科学や医学が発達している現在、科学的、医学的に証明できないことも減ってきているのでしょうけど・・・。
そのうち、人間の行動すべてが恋愛科学やその他の科学で説明されるとなんだか誰かと付き合う楽しみが減ってしまう気がします。
それでも、恋愛科学などでkissやその他の行為によって起こる脳内の状態の分析というのは面白いのかもしれませんね。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
藤田徳人氏が説く恋愛科学
恋愛科学なんていうのがあると聞いて、ちょっとブログやサイトなどで調べてみました。
随分前に深夜番組のコーナーで恋愛科学研究所というのがあったということなのですが、ご存知でしょうか。
私の住んでいる地域ではこの番組自体を放送していなかったようで、見たことがないのですが、かなり長期間、行われていたみたいですね。
この恋愛科学研究所というコーナーでは、藤田徳人氏が講師を務めていました。
この藤田徳人氏は、元々はお医者さんのようで、私はてっきり神経内科医や精神科だと思っていたのですが、プロフィールを見ると整形外科医で、少し驚きました。
藤田氏の恋愛科学を見ると脳内ホルモンと人間の行動との関係を人間行動学的に分析したものとありました。
さすがお医者さんだなと思ったのですが、恋愛科学の内容とお医者さんとしての整形外科医との関連ってあまりないような気がしたのは私だけでしょうか。

恋愛科学研究所の藤田徳人氏のプロフィールには、医学部在学中に解剖の授業で学んだ男女の身体の発生学から脳内ホルモンと行動や性格の関連性を研究とあります。
でも、お医者さんとしては整形外科を選択されたようで、なんとなくこのあたりが不思議な感じがしますね。
素人考えですが、脳内ホルモンとの関係を恋愛科学として研究されるのであれば、もっと他の選択肢があったのではないかと考えてしまいます。
また、深夜テレビの恋愛科学研究所も藤田徳人氏が自分で企画されたのだとか。
藤田徳人氏はその他に、恋愛科学に関する著書もたくさん書かれています。
また、最近では恋愛科学に関する雑誌や書籍などの執筆活動の他に音楽制作をされているようです。
藤田徳人氏はお医者さんになったことで恋愛科学に目覚めてしまったのでしょうか。

恋愛科学は、日本の藤田徳人氏だけでなく、アメリカでも研究がおこなわれています。
確かに人間の感情ってすごく複雑だったりして、また、同じようなタイプでも少しずつ違っているので、不思議なことが多いですよね。
恋愛科学では、自分や相手をタイプ分けするなどして、自分にあった人を見つけたり、傷つくことをあらかじめ避けたりできるようです。
でも、恋愛だけでなく人の感情って難しいので、そう簡単にコントロールはできないと思うのですが、どうなのでしょう。
また、恋愛科学を学ぶにせよ、それだけに捕らわれずに自分らしい恋愛を楽しみたいなと思います。
まだまだ研究途中の恋愛科学、これからの研究成果が楽しみですね。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
恋愛科学は脳科学
恋愛科学ってなんだか分かるようで、よく分からない言葉ですね。
様々な感情が関係する恋愛ですが、恋愛科学では、この恋愛につながる感情を科学的に解明、分析しています。
確かに誰かを好きになったり、嫌いになったりする気持ちって自分ではどうにもできないことってありますよね。
恋愛科学を研究しているアメリカの人類学者ヘレン・フィッシャー氏は脳内のドーパミンなどの特定物質に注目し、研究を重ねています。
彼女の恋愛科学では、カップルの脳内をfMRIするなどし、脳科学、そして人類学の観点から恋愛状態の仕組みを解明しています。
恋愛状態になった時の感情の仕組みって、きっと誰もが一度は不思議に感じると思うのですが、脳科学と組み合わせてしまうなんて、すごいですね。
恋愛科学の研究者、ヘレン・フィッシャー氏によると、カップルの脳内をfMRIすることによって、脳内の物質の動きが分かってきているそうです。

恋愛科学の研究では、例えば、誰かに複数枚の写真を見せると、恋人や好きな人の写真の時だけ脳内のドーパミンの量が増加することが分かりました。
ドーパミンってよく耳にする言葉ですが、一体どんな働きをしているのでしょうか。
恋愛科学の研究によると、ドーパミンが増加すると確固たる動機と目的に向けた行動が生み出されるとされています。
確か、脳科学では、ドーパミンというのは、人間の欲望を引き起こす物質ではなかったでしょうか。
恋愛科学では、ドーパミンの分泌量が増加することによって、その人の美点ばかりが見え、愛情を感じることになります。
そして、その人ともっと触れ合いたい、付き合いたいといった感情も起こってくるようです。
私には脳科学の知識も恋愛科学の知識も全くないのでよく分からないのですが、要するにドーパミンが増えることでその人を手に入れたいと思うということみたいですね。

恋愛科学では、ドーパミン以外にもセロトニンやテストステロン、エストロゲンといった脳内の物質が大きく関係しているといわれています。
恋愛状態の時に起こる愛情を感じるなどの感情はこれらの脳内の物質の分泌量が増加することによって起こるということなんですね。
また、恋愛科学では、失恋した時にも脳内の物質の分泌量が大きく関係しているとされています。
脳のシステムというのは、まだ全てが解明されているわけではないようなので、恋愛科学と脳科学を組み合わせるというのは面白いなあと思いました。
また、恋愛状態に関しては、どちらかというと心理学的な面での研究が多いような気がするのですが、恋愛科学としての研究もこれからが楽しみですね。
ブログやサイトなどで恋愛科学に関して、調べてみませんか。
恋愛その他 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
  • 1/183PAGES
  • >>