恋愛の悩み相談

恋愛の悩みを解決するために恋愛マニュアルを読んでみる。
出会いがないから出会いを増やす
会話が続かないから会話テクニックを学ぶ
結納の持つ意味と意義
結納なんて堅苦しくて面倒なもの、パスパス!なんていう若いカップルが増えています。
実際、結納式ではなく、両家の顔つなぎという形の食事会で間に合わせるのが今時の婚約スタイルだとか・・・。
まあね、日本には本当に無駄だなぁとか、意味があるのかなぁっと想ってしまう伝統や仕来りが沢山あります。
結納というのは、婚約の成立を祝して、品物やお金を取り交わす儀式。
まあ別にパスしても結婚式や披露宴にはなんの支障もないものではあります。
そもそもこの結納には、一体全体どんな意味や意義があるのでしょうか。
その字から単純に考えると、子供たちの結婚で両家が結び付く事を記して納品するという事になります。
しかし、実際には、新婦側は結納金で必要な嫁入り道具や着物などを揃えるのが一般的ですからね。
どちらかというと、言い方は悪いですが、手付け金といいますか、準備金を渡すような式典のような気もしないでもないんですよね。
実際、いとこのお姉さんの時は、相手方から予想以上の結納金をもらったから、ちゃんとした嫁入り支度をさせなきゃいけないと叔母さんが大騒ぎしていましたから・・・。

結納はとにかく手間とお金が掛かるものだというイメージがあります。
だからこそ、あえて結納なんかパスしたがる、パスしてしまう人たちが増えているんでしょうね。
だって、結婚に必要なお金のやり取りなら、わざわざ一家総出で集まらなくても、銀行振り込みでも出来るしね。
それに、結納の品物だって、本当に結婚式や新婚生活に必要だとは思えない物が多いじゃないですか。
それにそれに、最近はなるべく親に負担や迷惑を掛けずに結婚したいというカップルも増えています。
そういう人たちにとっては、結納なんて無駄な事やってらんないんですよね、きっと。
私も個人的にはそういう余計な手間とお金の掛かる事はパスしたいと思います。
ただ、この間従兄弟が結納を交わした叔母さんの家では、やっぱめっちゃ嬉しそうだった。
ああいう叔父さんと叔母さんの姿を見ると、ちゃんと仕来りを踏んで結婚するのも、親孝行の一環なのかなぁっとも想います。
もしかしたら、結納の本当の意味や意義というのは、こういうところにあるのかも知れませんね。
だとしたら、自分たちの考え方や我が儘だけで勝手に簡単にパスしちゃうのはいい事だとは言えないかも・・・。
親の立場や信条を考えて、きちんと結納を交わすカップルも多いんでしょうね。

結納は最初から最後まできちんと自分たちだけでやろうと想うと、すごく面倒で嫌になってしまいます。
ついついパスしたくもなってしまいますが、最近は結婚式場やホテルが準備している結納パックというのがありますからね。
これを使えば、ウエディングプランの一環として、比較的安価に容易に出来るのではないかと思いますね。
面倒な結納品を揃えたり、目録や請け書の代筆なんかもしてくれちゃいます。
しかも、立派な会場や後の食事会まで用意してくれるという至れり尽くせりぶり。
正しく楽々結納で、ここにどれだけ本来の儀式としての意味や意義があるのかはよく分かりませんが、少なくともパスするよりはずっといいだろうと私は思います。
また、ブライダル関連やウエディング関連のブログやサイトにもいろいろ情報や手引きが載っていますからね。
パスする前に、それらを読んで、一度結納をきちんと検討してみてもいいのではないでしょうか。
結納 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
結納の目録と請け書の書き方
結納の目録の書き方が分からな〜い、どうしたらいいんだ〜っと部長が叫んでおりました。
自分の結納はというと、はるかうん十年も前の話で、全て親に準備してもらったそうですからね。
当然目録を書いた経験もなく、溺愛している馬鹿息子の結婚が決まった今、大騒ぎしているという訳です。
因みに、自分の両親も、奥さんの両親ももう他界されていて、結納について詳しく相談する人がいないとか・・・。
まあ実際には、そんな事はないんだろうけど、この親父の性格から考えると、親戚や知人に物を聞くとか、教えてもらうというのが嫌なんでしょうね、きっと・・・。
でも、知るは一時の恥、知らないは一生の恥なんて言いますから、ここは素直に、誰かに聞けばいいのにっと思いながら、たかが結納で大騒ぎしている部長の様子が面白い。
みんな黙って見ながら楽しませていただいていたという感じでしたね。
そしたら、ついに出て来た、我が経理部のお局様、「別に結納に目録なんて絶対必要なものじゃないんですから、分からなければパスしちゃえばどうですか?」だって。
まあ確かにそれはその通りなんだろうけど、きちんと仕来りを重んじると決めた以上、それはちょっと不味いでしょう。
特に関東では、目録は結納品の一つにも含まれていますからね、やはりパスしない方がいいのではないかと私は思います。

結納の目録は、当日渡す記念品などをしるした謂わばお品書きのようなものです。
なので、目の前の結納品を改めて紹介している部分もあるにはありますから、事実上は省いても大きな問題はないでしょうね。
でも、目録がなければ、女性側はせっかく準備していた請け書を渡しづらくなってしまうでしょう。
まあね、最初から双方が結納の目録と請け書の取り交わしをしないというような話し合いをしておけば問題ないだろうけど・・・。
もし、事前にそんな話が全くなかったら、多分女性側は用意しているだろうから、申し訳ない事をしてしまう結果になってしまいます。
実は、うちの姉も来月結婚が決まっていて、先月結納を交わしたばかりなんですよね。
だから、私もその時、その姉や両親と一緒にあれこれ勉強しました。
お陰で、この年にして随分結納については詳しくなったし、自分の時には困らないだろうと想うけど、それを確かめられるのはまだまだ先になりそうです。
という事で、部長に結納についていろいろ教えて上げてもいいんだけど、果たしてこんな一般社員の言う事を聞いてくれるかどうかがねぇ。

結納の目録は、古文みたいな候文で書いてあるから、はっきり言って、全然意味が分かりません。
例えば、結納の目録の定番とも言える「右之通幾久敷目出度御寿納被下度候也」という一説、なんて読むか分かりますか。
実はこれは「みぎのとおりいくひさしくめでたくごじゅのうくだされたくそうろうなり」と読むのですが、訳してもらっても意味がよく分からないですよね。
だから、結納の目録や請け書を書くのって、本当に難しくて面倒で厄介な事だろうなぁっと想います。
ただ、最近は有り難い事に、こういう式事に関する文書や挨拶文の例というのはインターネット上でいくらでも調べられます。
そっくりそのまま写すだけで立派な結納の目録や請け書が書けるようなサイトやブログも沢山ありますからね。
そういうのを参考にすれば、案外楽にクリア出来るんじゃないかなぁっと想いますね。
うちの父親も、そんなブライダルサイトの中の例文を丸写しで結納の請け書を書いておりました。
結納 | 17:50 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
今時の結納式
結納式、そんなもの、今時きちんとやる人なんて少ないでしょう、結納自体交わさないんだからさっと、うちの母なんかは言い切りますね。
確かに、昔ながらの両家の自宅を舞台にした本格的な結納式というのを執り行われるご家庭が減っているのは事実でしょう。
また、結納のような堅苦しいスタイルではなく、両家の顔合わせ食事会というラフなスタイルを取られるお宅も多いようです。
けれど、結納式の仕来りが消えつつあるかというと、これが案外そうでもないのです。
両家の顔つなぎ食事会の中で結納の品を交わされるお宅も沢山あります。
そう、結納式のスタイルは変わりつつあるものの、その要所要所はちゃんと残っているというのが現状なんですね。
だから、古き良き伝統を重んじられる日本男児や大和撫子のご婦人方には、余り目くじらを立てないでいただきたいものだと願わずにはいられません。
それより、今時の結納式というものをちゃんと知って、理解していただければ嬉しいですね。
それはそれは実に合理的で、最近の若者は、ホントしっかりしているなぁっと思えますから・・・。
という事で、今日はそんな今時の結納式というのをちょこっと紹介しましょう。

結納式と言えば、昔は新婦となる女性の家がメイン舞台となったものです。
何故なら、「お宅の大切な娘さんをうちの嫁として頂戴します!」という意味を込めて、新郎側から挨拶に行くのが結納式の基本だったからです。
そして、関東では、互いに同等であると見なし、追って女性側からも男性側に結納の品が贈られます。
つまり、双方が結納を取り交わすという考え方で、後に新郎側の自宅も結納式の舞台となるのが大半です。
が、しかし、関西では、結納はあくまでも男性側から女性側に贈るもので、女性側からのお返しというのはありません。
そう、完全に一方通行で、結納式の舞台になるのは、女性の実家のみです。
ところがところが、近頃は男女を問わず実家はマンション暮らしで、せっかくの結納をいただいても、きちんと飾る床の間すらないというお宅も少なくありませんからね。
いずれの実家でも、お仲人さんや親戚縁者が集まって、盛大な結納式や食事会を開くというのは難しい現状があるのです。
そこで重宝されているのが、ホテルや結婚式場が提供している結納パック。
これなら、結納式に必要な場所も品物も全て準備されていて、後々の食事会の心配をする必要もありません。

結納式も結婚式と同様、ホテルや結婚式場で行なうというのが今時のスタイル。
それでも、きちんと結納を交わす訳ですから、誰に聞いてもらっても恥ずかしくない立派な結納式です。
そこが、レストランや料亭で行なう簡易的な顔合わせ食事会との最大の違いなんですよね。
しかも、床の間に金屏風の置かれた豪華な和室まで準備されている施設もあって、後で写真を見て誇れる結納式になる事は確かでしょう。
なんと言っても、本人たちも両家の両親も楽ですしねぇ、人気を集めるのは納得です。
ただ、こんなご時世だからこそ、自宅できちんと結納式を執り行いたいと想われるお宅が多いのも確か。
結納の準備から当日の流れまで、事細かに説明しているブログやサイトの閲覧も着実に増えているようですね。
という事で、様々な今時の結納式スタイル、皆さんも関連のブログやサイトで調べてみられてはいかがでしょうか。
結納 | 17:40 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
便利な結納パック
結納はきちんとしたいけど、余りにも堅苦しいのはちょっとねぇという家族が増える昨今。
また、核家族化が進み、いざ結納をと想っても、何をどうしていいのか分からないという方も多いそうです。
そこには、所謂出来ちゃった結婚で一緒になった夫婦の鎹たちが今、新たな家庭を作ろうとする世代になりつつあるという部分も大きいでしょう。
そこで近年、非常に重宝されているのが、結婚式場やホテルが準備している結納パックなるものです。
多くのウエディング雑誌やサイトが注目していますから、ご存じの方も多い事でしょう。
実は結納と一口に言っても、そのスタイルは地域によって大きく異なります。
極端な話、関東では両家がほぼ互角に交わすものというイメージが強いかと想いますが、実は実は、関西では正しくお嫁さんにいただくという考え方。
結納は男性から女性に贈るもので、女性からは一切贈らないのが一般的です。
こういう事を分からないまま勝手な判断でどちらか一方が進めると、せっかくの良縁が崩れてしまう事もありますからね、十分気を付けないといけません。
そんな時、役立つのが、プロのアドバイザーによる結納パックです。

結納と言えば、仲人を立てて、両家を行き来しながらお金や品物を献上しあう。
これが日本古来の結納スタイルで、勿論、地方や家柄によっては、今も尚、その伝統を代々受け継いでいるところは沢山あります。
よく、今時の若者はなどと言われますが、決して全ての若いカップルたちが、今々のスタイルで結婚に至っている訳ではないのです。
確かに、昨今は結納などと言う堅苦しい席や形式を設けず、両家の顔合わせ食事会というスタイルを取るカップルが多いのは紛れもない事実です。
中にはそんな顔つなぎもろくにしないうちに、親に内緒で同棲し、子供が出来て結婚なんていうパターンも少なくないのが現状。
しかし、その反面、今でもきちんと結納を交わし、婚約から挙式に至るというカップルも、3組に1組はいるのです。
それに、簡略式の顔合わせ食事会で済ませるカップルを含めると、約7割以上は、結婚前にちゃんと両家の交流の場を設けているんですね。
また、顔合わせ食事会の中で軽く結納を交わすというパターンも増えているようです。
うん、それなら、堅苦しくなく、お互いある程度きちんとした事も出来ます。
新郎新婦の両親自体が若くなって、簡略化を好む今の時代には、正しくグッドな結納スタイルと言えるのかも知れませんね。

結納パックは、必要な記念品や会場なども全てセットされている事が多いので、極端に言えば、必要経費を支払うだけで準備OK。
式場や披露宴会場の下見や料理の試食を兼ねられるようになっている結納パックも多数準備されています。
なので、後は当日会場へ行けば、何の苦労も心配もなく、滞りなくクリア出来るという訳ですね。
という事で、最近は、この結納パック付きの挙式プランを選択されるカップルも多いとか・・・。
日本のウエディングプランニングも、ついにここまで来たかという気はしますが、非常に重宝なサービスの一つである事は間違いないでしょう。
そんなこんなの結納パック、今まさに頭を痛めていらっしゃる真っ最中の方は、ブライダル関連のブログやサイトで情報収集されてみてはいかがでしょうか。
結納 | 18:00 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
結納vs顔合わせ食事会
結納なんて堅苦しい事、最近の若い人たちはしないんじゃないのっと思いきや、これがビックリ。
未だ、3組に1組の割合で、きちんと結納を交わしているんですねぇ。
その一方で、急増しているのが歓談しながら互いを紹介し合うという顔合わせ食事会です。
確かに、先ほどのデータによると、3組のうち2組は結納を交わしていない訳です。
が、しかし、そのうちの約7割はこの顔合わせ食事会を開いたと答えています。
また、結納の後で食事会を開くカップルも多く、それを含めると、全体の3分の2以上が宴席を持って要るという事になりますね。
まあ勿論、結婚というのはいかなる場合も両家の祝福の下に行なわれるものとは限っていません。
実際には、結納や顔合わせ食事会を持てないまま夫となり、妻となり、父となり、母となる人も大勢います。
さらに、現在はこうした交流をあえて避けるカップルや必要としない家庭環境も多数存在します。
それらを考えると、結納もしくは顔合わせ食事会の場を持つカップルが100パーセントになる訳がありませんからね。
基本的には、顔つなぎを必要とする、あるいは、顔つなぎが出来るカップルは、ほぼ全てがいずれかの形式でそういう場を一席投じているのではないだろうかと思われます。
日本に結婚するカップルが絶えない限り、結納と言う儀式も耐えないのでしょう。

結納なんて堅苦しい事はと言いながらも、ちゃんと仕来りを守る若者たちが多いという事が判明した今回のアンケート。
正直、この3組に1組が正式な結納を交わしているというのは、私にはちょっと驚きの数字ですね。
でも、それだけ古き良き伝統を大切にする若者や古き良き伝統に目を向ける若者が多いという事なのでしょう。
まあね、ある意味、結納は親のプライドや安心感や喜びをキープするために行なうという部分もなくはないと思うんですよね。
だとしても、というか、だとしたら、それだけ日本の若者は親孝行な訳で、それはそれで素晴らしい事なのではないでしょうか。
けれど、その一方で、仕来りに拘る結納ではなく、歓談の顔合わせ食事会を選択するカップルが確実に増えつつあるのも紛れもない事実。
これもまた、もしかしたら、親たちの希望を尊重したものではないかという気もします。
だって、ほら、最近はご両親自体がお若くて、堅苦しい事は苦手という方が多いじゃないですか。
それに、自分たち自身が、きちんと結納を交わしていないので、拘りや知識がないという方もいらっしゃいますからね。

結納であっても顔合わせ食事会であっても、基本は一つ、両家の信頼と親睦を深める事が最低限の目標であり、最大の目標です。
従って、本来は結納を交わす事は、互いの心を交わす事なんですよね、きっと。
ならば、その基本スタイルと目的は、例えラフな食事会の席でも変わらないでしょう。
結納のような堅苦しさはなくても、それなりのルールやマナーは沢山ありますから、それを怠らないように気を付けたいものですね。
因みに、食事会の平均予算は5万円前後だそうですから、1人当たり1万円しないんです。
この数字もちょっとビックリですが、まあ間違いなく結納よりはリーズナブルに済ませられそうです。
その分、結婚式やハネムーンに回すというカップルや、マンションやマイホームを購入する資金の足しにするというカップルもいて、中々しっかりしていると思わされます。
という事で、結納がいいか、それとも顔合わせ食事会がいいかは、あくまでも個人の自由、関連のブログやサイトを参考に、納得いくように検討するのがベターでしょうね。
結納 | 18:10 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
結納の流れ
結納の流れは、住んでいる地域によって異なります。
ですから、地域の習わしに基づいた結納をしたいと考えている方は、その流れを親に聞いてみるとよいでしょう。
ただ、結納の流れは、親も分からない場合が多いようです。
結婚式は一生に一度のことですが、結納も同じように一生に一度のことなので、親が流れを忘れていることもあるのです。
ですから結納の流れを知りたい方は、親だけでなく、親戚一同、知っている方に聞いてみるとよいかもしれません。
結納の流れは、お仲人が新郎新婦の家を往復するのが正式です。
まずは、お仲人が新郎の家で結納の品々を受け取るという流れになります。

結納の品々を新郎から受け取ったら、次の流れでは、お仲人は新婦の家へ新郎からの品々を受け渡しに行きます。
新婦の家へ結納の品々をお仲人が届けたら、お仲人は受書を新婦側から受け取り、流れとしては、新郎の家へ受書をお仲人が届けます。
その後、結納返しとなりますが、お返しは後日改めてという流れになります。
結納の品々を受け取ったその日にお返しをすると、「つき返し」といってあまり良くないこととされているからです。
ただ、現在は、正式な流れよりも、略式結納が一般的になっているのだとか。
お仲人を立てず、両家がホテルやレストランで顔合わせをするという流れの結納を、現在のカップルは好むようです。
略式では、両家向かい合って座り、結納の品々は、両家から見える位置に揃えて置くという流れになります。
略式でもお仲人を立てる場合の流れは、結納を始めるとき、お仲人が始めの挨拶をします。
お仲人を立てないときの流れは、結納を始めるとき、新郎側の親が挨拶をすることになります。
そして結納の品々を渡し、それを新婦側が受け取り、受書を新婦側から新郎側へ渡すという流れになります。

結納の品々の受け渡し、受け取りが終了すれば、後は笑顔で歓談するのが一般的な流れのようです。
結納の流れというのは、誰もがそれほど詳しくないので、今では結婚式場のパックサービスを利用するカップルが増えています。
結婚式場の結納パックサービスを利用すれば、滞りない流れで、結婚の約束を取り交わすことができるでしょう。
また、結納自体を行わないカップルもいますから、結婚までの流れというのは人それぞれのようです。
両家が納得のいく結納ができれば、流れは両家相談の上で決めると良いのではないでしょうか。
結納 | 18:10 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
結納のときの服装
結納のときに着る服装で、悩む方がいるようです。
相手の両親と顔を合わせる結納で、好感度アップの服装をしたいと考えるからでしょう。
結納とは結婚を約束する儀式のようなもので、新郎は新婦の家へ、新婦は新郎の家へ行くことになると思います。
地域によって結納の執り行い方は異なりますが、服装に気を使わなければならないのは、どの地域であっても同じでしょう。
結納で着る服装に、これといった決まりはありません。
ですから、ジーンズにTシャツといったラフな服装で結納に臨んでも良いのです。
しかし、だからといって結納にラフな服装で行けば、常識を疑われるのは間違いないでしょう。
ですから結納で着る服装に決まりは無いとはいっても、スーツなどをきちんと着こなすことをオススメします。

結納の服装は、スーツが無難でよいでしょう。
そして結納のときに着るスーツは、グレーや紺、黒といった色の服装がオススメです。
親族が結納に参加するときは、親族にもスーツといった服装をしてもらうと良いでしょう。
結納のときに着るスーツに合わせて、ネクタイや靴下も選んで、統一感のある服装をしてください。
スーツにはこだわっても、靴下、ネクタイ、シャツなどに気が回らず、結納のときに小物類が不自然な服装をしている方を見かけることがあります。
結納のときにダークスーツを着ていても、靴下の色が水色だったり、白色だったりする服装をする方がいるのです。
靴を履くので気づかずに、結納のときにスーツと合わせたファッションをしないのかもしれません。
しかし、結納のときに相手宅へお邪魔するとなると、座敷に通される場合もあり、靴下の色など、小物の服装は目立つことがあります。
ですから結納のときの服装は、小物にも充分に注意する必要があるでしょう。

結納のときに締めるネクタイは、白色を選ぶのが服装として一般的です。
白のネクタイを結納のときに持っていない方は、結婚式に出席するときのことも考え、買って準備をしてしまうのも良いでしょう。
結納の服装で、女性の場合、スーツにするのか、和服にするのか、悩むことがあるでしょう。
相手の方が和服で結納に望むのであれば、新婦も和服の服装にすると無難です。
新婦が結納で着る和服の服装は、振袖で良いでしょう。
振袖は独身者が着られる服装なので、結納のときに着てもマナー違反にはなりません。
ただ、新婦のお母様が結納のときに和服といった服装をするときは、訪問着が良いでしょう。
結納 | 18:00 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
結納返しとは
結納返しとは、新郎から結納時に頂いた品々に対し、お礼の意味を込めて、お返しすることです。
ただ、結納返しという言葉は避けて、「お引出結納」や「諸白料」という言葉を使うことも多いようです。
結納返しの「返し」という言葉が結婚にふさわしくないということから、別の呼び名で呼ばれるのだとか。
そして結納返しの方法は、住んでいる地域で異なります。
結納返しに品々を返すところもありますし、お金で返すところもあります。
また、結納返しの金額も、住んでいる地域で異なるのだとか。
ですから結納返しを行うときは、両親に相談して進めると良いでしょう。

結納返しの相場は、結納金の半額程度です。
結納金の相場が給料の2、3か月分とされていますから、結納返しはその半分、金額にして30万円から50万円を考えておくと良いかもしれません。
そして結納返しをする日も、カップルでよく相談してください。
現在、主流となっているのは、結納の品々を頂いたら、その日のうちに結納返しもしてしまうという方法です。
たったの1日で結納全般が完了してしまうので、その日のうちに結納返しをしてしまうのも良いかもしれません。
ただ、昔ながらの結納にこだわる方がいる場合、結納返しは結納した後日に渡すことになるでしょう。
結納返しを結納したその日のうちにすると、「つき返し」といって良くないと捉える方がいるのだとか。
ですから結納返しの日取りも、できることならカップルで相談しておくと良いでしょう。
また、結納返しは行わないカップルもいるようです。

結納返しで返してもらうなら、始めから結納金を低めに設定し、お返しはいらない旨を伝えて、それで結納を終えてしまうカップルがいるのだとか。
そして、現在は結納返しを用意しなければならないような結納自体を行わないカップルも増えているようです。
結納をしなければ、結納返しを用意する必要はありません。
両家が納得しているのであれば、結納返しが必要になるような結納を行わないのも良いと思います。
結納返しについてよく分からないというカップルは多いでしょう。
現在、結婚式場などでは結納パックというサービスを用意していて、結納返しが分からないというカップルから人気を集めているのだとか。
結納パックを利用すれば、失礼の無い結納返しをすることができ、大変便利でしょう。
結納 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
結納金とは
結納金とは、結納のときに新婦となる女性へ渡すお金のことです。
新婦が新郎の家へお嫁入りするとなると、それなりに支度をしなければならず、支度金として新郎から新婦へ結納金を渡すのだとか。
そして結納金の相場は、給料の2、3ヶ月が一般的なようです。
ですから、いざ結婚するとなると、結納金にしても、結婚式にしても、それなりのお金が必要になるということです。
ただ、結納金を渡すような結納をしないカップルもいるのだとか。
地味婚と呼ばれる費用を抑えた結婚式も開かれるようになり、結納金が必要となる結納もしない新郎新婦もいるようです。
私の友人の子どもも結婚するのですが、結納金が必要となる結納はしないのだとか。
両家顔合わせ程度の食事会を開き、結納金はもらわないようです。

結納金は、新郎新婦の考え方で、金額も変わってくるのではないでしょうか。
ただ、結婚式は新郎新婦が行うイベントですが、結納金を渡すような結納は、両親の意見を取り入れることも重要です。
結納金が必要となる結納で、どのような品々を揃えたらよいのか分からないというカップルもいるでしょう。
結納は結婚することを約束する儀式のようなもので、結納金といったお金や婚約指輪といった品々を交換します。
結納金を渡す結納で揃える品々や執り行い方は、地方によっても異なります。
ですから結納金を渡すような結納を執り行うときは、両家の親によく相談してください。
ただ、両家の親も、結納金を渡すような結納について、それほど詳しくない場合も多いのだとか。
結婚式が一生に一度のイベントならば、結納金を渡すような結納も、一生に一度のイベントです。

結納金をそう何度も渡すような結納を経験している方は多くはないので、詳しい人が周囲にいない場合もあるでしょう。
現在、結婚式場などでは結納パックといったサービスを行っていて、結納金を渡すような結納を行いたい方から人気を集めています。
結納パックサービスを利用すれば、結納金を渡すような結納も、スムーズに執り行うことができるでしょう。
結納金を渡すような結納では、取り交わす品々は決まっているようです。
地方によっても異なりますが、結納で揃えるものは、結納金、婚約指輪、熨斗、末広などです。
これらを揃えるのは大変と考える方は、ネットを活用して結納の品々を揃え、結納金も添えると良いかもしれません。
結納 | 17:20 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
結納とは
結納とは婚約を整える儀式のことで、一般的には女性の家で行われます。
結婚すると新郎の家に新婦が入ることになるので、娘さんをもらう新郎側が品々を取り揃え、娘さんをくださいと出向く形になるので、新婦の家で結納が行われるのです。
ただ、結納の形式は、その地方によって異なります。
ですから結納をするカップルは、ご両親に形式について相談すると良いでしょう。
また、現在、結婚式場などでは結納パックというサービスを取り扱っています。
パックサービスを利用すれば、マナーに反しない結納を執り行うことができるので、大変便利でしょう。
結納を始めから終わりまで、しっかりと理解している方というのは、それほど多くはないようです。
相談したい両親も、結納を一度しか経験していないでしょう。
結婚式が一生に一度のことならば、結納も一生に一度のことです。
ですから結納について詳しいという方は少なく、結婚式場などで相談して段取りを決めてしまうカップルも多いようです。

結納は両家の考え方を汲み、食事会だけで済ますカップルもいます。
私の友人の子どもが今度結婚するのですが、形式に則った結納は行わないのだとか。
両家顔合わせをするために簡単な食事会を開いただけで、仲人を立てた結納は行わないようです。
ただ、職場の雰囲気を考えると、結納をしないわけには行かないという方も大勢いるのだとか。
仲人を務めるのを楽しみにしている上司がいる職場では、結納で仲人をお願いしたほうが、今後働きやすくなると考えるようです。
一般的な結納では、新郎が新婦の家へ持参する品々が決まっています。
熨斗、末広、結納金、高砂、指輪、柳樽料、松魚料などを白木の台に一つずつ乗せて渡すと、大変立派になります。
結納で渡す熨斗とは、あわびを熨して乾燥させたものです。
そして結納で渡す末広とは、扇子のことになります。

結納金は、嫁入りに必要な道具などを支度してくださいという支度金のことです。
この結納金の相場は、給料の2、3か月分とされています。
ですから、いざ結婚するとなると、結婚式の費用、結納費用と、たくさんのお金が出て行くことになります。
結納はカップルと両家で相談し、両家が納得いけば、簡略化させて大丈夫なものです。
ですから、結納をどうしようか悩んでいるカップルは、予算と相談し、両家の親ともよく相談してください。
結納 | 18:10 | author 恋愛 | comments(0) | trackbacks(0) -
  • 1/1PAGES